2009年04月29日

ヤフオクの出品期間を利用し、落札率を上げる方法。

ヤフオクの出品期間を利用し、落札率を上げる方法。

クリックして頂けるだけで、
私のモチベーションが上がります。
↓ ↓


この出品方法は、

自動延長すべき商品以外の出品法と言えます。

自動延長すべき商品が何なのかわからない場合はこちらをご覧ください。
ヤフオクの自動延長すべき商品とは。


オークションは、
週末(土・日)の午後10時頃が
最もアクセルが集中しますので、
終了時間をこの日に設定しておいて、
より多くの人が見て
ウォッチリストしてもらい、


落札される確率を上げることが
できるということで、
出品期間を長めに設けて
7日単位で設定する方が
多いのではないでしょうか。


平日ではアクセス数が集まらない
と思われがちですが、
そんなことありません。


確かに終了時間が土日などと決められた
7日設定の商品はアクセス数は薄いのですが
平日の午後10時頃をオークション終了時間と設定された
商品でも濃いアクセスを集められます。


また、
平日を終了時間として選ぶ
出品者が少ないので
かえって自分の商品を見てもらえる
確率が高くなります。


さらに、
金額が多少高くなっても構わない、
土日の終了時間まで待てないから
今直ぐ即決して商品が欲しい
ということで相場以上の値が付く
可能性が高くなるのです。


しかし、この方法が利用できる商品は
すべての商品が使えるわけではありません。


自動延長すべき商品以外の商品に、
即決を設定することが必要条件になります。


ここで注意すべき点は、
相場以上の値が付く可能性が出てくるからといって
極端に相場以上の値を設定しないということです。


平日の出品者が少ないといっても、
同商品を平日に終了時間と設定する人はいます。
値段を決める時はオークファンのサイトを見て
少し高いかなくらいで設定すればいいと思います。


ヤフオクには自動再出品という
無料のオプションがあります。


自動再出品とは、
出品時に、自動再出品の設定をすると、
落札されずにオークションが終了した場合、
自動で再出品されるというものです。
出品料10.5円で3回まで自動出品され、
ウォッチリストは3回目のオークションが
終了するまで残ります。


ヤフオクで検索された商品は
注目のオークションは除き、
オークションの時間の短い順に並んで
検索結果に表示されます。


この自動再出品の機能を使い、
オークション終了時間を日曜日1回と
平日2回に設定すれば、
7日設定の1回に比べ
検索をされて最も目に飛び込んでくる場所に
週に3回も商品を置くことができるのです。


ご覧頂いた記事で意味が解らなかったり、
質問や相談等がある方は、
お気軽にメールフォームからご連絡下さい。


最後までご覧頂き誠に有難うございます。
ランキングに参加しています。

新しい話題が盛りだくさん。
↓ ↓


ブックマークに追加すると、
いつでもどこでも、
私のブログにアクセスできます。↓



posted by つんたら at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。